« ジョン・タイターは、なぜ競馬予想ができないのか? | トップページ | ナシは、のどの痛みを和らげる「百果の宗」 »

2008年9月19日 (金)

食事中にコーヒー、紅茶を飲むと鉄分の吸収が悪くなる



女性は貧血になりやすい。それは整理があるためで、女性は男性よりも2割ほど鉄分を多く必要とする。


コーヒーや紅茶、また緑茶も含めて、タンニンを含んだ飲み物を食事と一緒にとることは控えたほうがよい。その理由は、鉄分の吸収を悪くするからだ。これに対して、食事とともにオレンジジュースを飲むと、鉄分の吸収がよくなるそうだ。


しかし、コーヒーや紅茶を食後に飲めば、鉄の吸収を妨害することはないそうだ。一緒にとっても食後でも、胃の中で混同してしまえば同じじゃないか?と思いがちだが、そうではなく、胃の中に入った食物は、胃壁から層状にたまっていき、それが順次消化され、はじめに食べたものと、あとに食べたものとが均一に混同してしまうことはないのだそうだ。


一方、食前にカフェインの多い飲み物を飲むと、交感神経を興奮させるため、食欲が低下する。同じ飲み物でも、いつどのように飲むかというタイミングが大切だ、とのことだ・・。


 




 


この食材!からだにどう効く?(毎日の食べ物の効能)


年金が分かって暮らしに安心!【(国民 共済 厚生)年金共通】


「厚生年金」早わかり!


食べ物の、かたい話とやわらかい話


大潟村産あきたこまち<白米無洗米>鉄分強化 2Kg5袋

|

« ジョン・タイターは、なぜ競馬予想ができないのか? | トップページ | ナシは、のどの痛みを和らげる「百果の宗」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183386/23856297

この記事へのトラックバック一覧です: 食事中にコーヒー、紅茶を飲むと鉄分の吸収が悪くなる:

« ジョン・タイターは、なぜ競馬予想ができないのか? | トップページ | ナシは、のどの痛みを和らげる「百果の宗」 »